K18WG ローズカットダイヤモンド&ミル打ち リング 買取

2013/04/08 0:24 に FUCHIGAMI KIYOSHI が投稿   [ 2013/04/08 0:41 に更新しました ]


先日、査定だけさせていただいて、
今月中くらいでしたら、潰すわけではないので、価格の固定出来ますよ。
と、お伝えしてましたが、数日後やはりお売りになるとのことでした。
日頃、機会があれば、無理に売らないほうがいいとお伝えしていますが、
ご納得の上でお売りになるのは、わけも分からず勢いで売ってしまうよりよっぽどいいことだと思います。


この辺りは、私からすると、ローズカットで、ミル打ちでカワイイリングだねぇ
アンティークではありませんが、そういう雰囲気を意図したデザインは、売り手、作り手のセンスと、意図が伝わりいいですねぇ~
となりますが、
見る人が見れば、カットの悪いリングと評される場合もあります。
ダイヤモンドを4Cでしか見れない人は、ダイヤモンドの魅力を一方向からしか見てないのでは?
と思ったりもしますが、世間的には4Cで測られてしまいます。

それって、有名大学卒業して、大企業に入社して、背が高くて という感じで、人を測る窮屈さと似ていますよね??



中古市場の相場というものもありますが、見る人の、これカワイイ!
という気持ちも大事かな?という気がします。
一点一点、ジュエリーの持つ個性を感じながら査定いたします。

お売りいただきありがとうございました。




Comments