K18枠 ガラス付き マン島 1/2OZ コイン入り ペンダント 買取

2012/06/03 22:33 に FUCHIGAMI KIYOSHI が投稿   [ 2012/06/03 23:22 に更新しました ]
肥前屋質店 の 宝石、ジュエリー 査定&買取



ガラスを外した、アフターの写真しかありませんが・・・
記事にしにくいかなと思って、写真を取らなかった事を反省・・・

製品として、再循環させることが難しいと判断しまして、ガラスを外しました。

かなり分厚かったので ガラスを10g見ていたのですが、
実際外していて、これはやばい!10g超えてるかも!!
と焦りましたが、想定内の範囲で収まり一安心です。
こういう利幅の薄い仕事でそんな事してたら、仕事辞めたくなりますもんね(笑)
かと言って、訳わかっていない業者さんのような、激安査定をしていると信用を落としていきますしね・・・
リピートしていただくには、お客様に納得いただける査定額を出し続けるしかありませんね。

さて、ジュエリーは何でもかんでもこの様に潰してしまえばいいかというとそうではなく、
製品として生きているものは、製品としての査定をしてあげるべきです。
そこが、経験の浅い業者さんはわかっておらず何でもかんでもこの様な材料査定に走っているのが今のジュエリーリサイクルの現状です。

製品として極力残す。それが出来ないものは素材として循環させる。
基本姿勢はこうであるべきだと思います。

アンティークでも、一部の人しか知らないブランド品でも、なんでも潰してしまう業者さんが多すぎます。
あー恐ろしい・・・
製品として残せそうかどうか、そんな質問だけでもお気軽にどうぞ。





Comments