買取例:昭和のジュエリー、オパールのリングとペンダント2点

2012/07/31 18:52 に FUCHIGAMI KIYOSHI が投稿   [ 2012/07/31 18:59 に更新しました ]


よくぞ、当店に来てくれました。 と言いたくなるような昭和の古いジュエリー2点。
この手の製品は、粗末に査定されてしまうことが多いです。
特に、右側のファイヤーオパールのリングは、デザインが良く、仕上げを施せば、見違えるように蘇って、再び多くの人の琴線に触れるようなリングに復活してくれるでしょう。
左のペンダントのオパールも綺麗ですし、ミル打ち等もとても丁寧で。
昔のジュエリーのしっかりした仕事を感じることができます。
今回、リピーター様によりご縁があって、このリングを引き継ぐことになりましたが、次のユーザー様へ大事にお渡ししたいと思います。
お売りいただきありがとうございました。



Comments